転職希望の前にキャリアアップをするべき Part1

現在の社会では、36歳以上の転職希望は難しいとされています。そのために、35歳までにキャリアの土台をしっかりと構築することが、何より重要となっています。現在の転職市場では、本人にやる気があったとしても、36歳以上で、それまでにこれといった役職についた経験がない人がキャリアアップのために転職を行うのは、とても難しくなっています。サラリーマンとして一生を過ごすと仮定した場合、大学を23歳前後で卒業し、65歳くらいまで会社勤めをすることとなります。それまで42年間という期間があることとなりますが、その中の35歳までにキャリアパスを固めるということが必須の世の中となっています。35歳を過ぎたら転職が難しくなるのは、いくつか理由があります。まず、他の社員レベルの仕事に比べて、役職のつく仕事数が少ないという点です。働いている会社の規模に関わらず、組織内においては役職を持つ従業員より、それ以外の一般社員の方が圧倒的に和葉多いです。

競馬セブン ブログ